トップページ > 施術のキャンセル料金 > 施術キャンセル料金の内容・発生条件はサロンごとに異なる

施術キャンセル料金の内容・発生条件はサロンごとに異なる

脱毛サロンで施術を受けるつもりで予約をしていたものの、急に予約していた日に施術を受けられないケースが出てきます。 私はスケジュール管理ばっちりだから、急に残業が入ったり、生理になってしまったりと、予期せぬ事態が起き、予約した日に施術が受けられないこともあることも考えられます。

予約日に施術を受けられないとなった場合、すみやかに予約をキャンセルする必要があります。 しかし、急な予約のキャンセルを行うことになると、キャンセル料金が発生する脱毛エステサロンがほとんどです。 やはり急に予約をキャンセルすることに対しては、どの脱毛エステサロンも厳しく対応します。 脱毛エステサロンによっては、キャンセル料金の内容や発生条件などは異なりますので、急に予約をキャンセルする際に慌てずにすむよう事前に確認することをおすすめしましょう。

脱毛エステサロンの施術キャンセル料金・発生条件の実情は?

脱毛エステサロンはサービス業でもあるため、店舗に来店するお客さんの数に対して適切な施術スタッフ人数を割り当てています。 特に脱毛する方が多く混雑する春・夏の時期は、フル稼働で施術を行っているため、急に施術のキャンセルをされてしまうと、その分サロン側も損失を出してしまう可能性が高いです。

そのため、急な予約のキャンセルに対して厳しく対応する脱毛サロンが多いことが現状です。 2,000~3,000円程度のキャンセル料金が別途発生したり、施術1回分消化(施術を受けていないにも関わらず施術したことになる)扱いされることもあります。施術1回分はおよそ10,000~20,000円程度に相当するので、かなり厳しい対応といえます。

キャンセル料金等のペナルティーが発生するタイミングは、脱毛エステサロンによって異なります。 厳しいサロンでは、施術前日での予約キャンセルでもキャンセル料金等のペナルティーを発生するケースがありますが、一方で、施術直前でも電話連絡をし、無断キャンセルでなければ、キャンセル料金等のペナルティーが発生しないという柔軟な対応をする脱毛エステサロンもあります。 少しでも急な予定が入ったりして、予約をキャンセルしやすいという方は、予約のキャンセルに対して柔軟に対応していただける脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

脱毛サロンで施術を受けるつもりで予約をしていたものの、急に予約していた日に施術を受けられないケースが出てきます。 私はスケジュール管理ばっちりだから、急に残業